日射計の使用方法のコツについて

日射計を知らないという人は多いのではないでしょうか。普段の生活ではなかなか使わないかもしれませんが、こちらは紫外線の強さや日射力を数値として表すことができるもののことを指します。日射計の種類は出しているメーカーによってさまざまなものがあります。機能がたくさんついているものなどもおすすめです。この日射計を使って測定されるものは大きく分けて3つのものがあります。それは直達日射量、散乱日日射量、全天日射量です。この3種類の日射量を計測することによって天気などを決めたりすることができるわけです。これらの数値を測る日射計はさまざまな生活の場で活用されています。日射計というと室外と考えている人も多いですが室内でも多くの活躍をしていてとても便利な製品です。種類によってどこに利用するのが良いか考えてみましょう。

日射計の使う場所を考えて、その場所に最適な日射計を置く

日射計は室外のほか、室内でも活用ができます。例えば工場です。工場に日射計を置いてその数値を管理者などが把握することで熱中症の危険から従業員を守ることができます。温度を数値化してコンピューター上で把握することで、一目で危険度を察知できるようにします。管理者はそれを確認しながら熱中症の危険があると感じたら、飲み物を取らせるための小休憩を取ったり、人を後退させたりすることができるわけです。他にもエネルギーを生み出すための手助けをすることができるのもこちらの機会が優れているところと言えます。こちらの温度計と太陽光発電のための太陽光パネルを一緒にすることで、太陽光が電気に変換する前に太陽光のエネルギー量を把握することができるわけです。これはこれから家を建てるという人にもおすすめの方法です。

日射計はその種類によって価格も大きく変わってきます

日射計は機能性やその機会が持っている特性によって値段が大きく変わってきます。家庭でも多く利用でき誰でも気軽に手が出せる日射計からプロが利用する複雑な特性を持ったものまであります。家庭でもよく利用されているのがオール電化の家に着ける日射計です。太陽光パネルの横に一緒に設置することによって太陽光発電全般の測定に役立ちます。これらの価格はとても手ごろで20,000円以内で購入できるものが多いです。もう少し機能が充実したものになると30000円から50,000円くらいまで値段が上がります。これらには携帯に便利なものなどもあり外で動きながら日射量を図りたいときなどにもおすすめのものです。紫外線強度や照度など紫外線対策としても活用できる多機能なものになると値段もかなり上がってきます。価格としては100,000円以上のものも数多くあります。自分が使う用途に合わせて良いものを選ぶことがおすすめです。